大卒と高卒 就職するのにどのくらい差がある?

昔からいわれている高卒で就職するのと大卒で就職するのとの格差。
確かに厳然として存在するものです。
高卒で早く就職してがんばっていても、あとから入ってきた大卒くんにすいすいと抜かれて負け組に・・・。
なんともやるせないはなしですね。


高卒で就職するのと大卒で就職するのとでは、その後の収入が大きく変わると言われています。
残念ながら、これは本当。はっきりと数字でわかること。

生涯賃金とは、初めて就職してから定年退職して退職金を受け取るまでの、給与・賞与・退職金など、すべてを合計した収入です。
同じ大卒でも、超エリートと三流大学出身の平凡サラリーマンでは大きな差がありますし、
就職先の会社の規模によっても差が出ます。

ここでは単純に、厚生労働省による大卒・高卒の平均生涯賃金調査結果で見てみましょう。

大卒の生涯賃金の平均が3.153億円なのに対し、大卒より4年間余分に働いた高卒の生涯賃金の平均は2.493億円で、その差は6600万円

6600万円です。

家が1軒建つほどの差です。


考え方はいろいろです。
大学に行くのには多額のお金が必要。受験にもお金が必要。
それに対して、就職すれば逆にお金が入ってくるのですから、生活が苦しい場合には親としては助かります。

どちらにしろ大雑把な平均値ですから、本当はもっと高い生涯賃金の人もいれば、高卒とほとんど変りない生涯賃金の大卒もいることでしょう。

個人差はあります。

大きなお金を稼いでいる芸能人などは、学歴の低い人の方が多いです。

それも個人差。
まあ、一概に「絶対大学に行ったほうがいい」と言えるものではありませんが、知っておくべき事実ではあると思います。


やはり、高校生のときにお金がある程度あって、しっかり受験勉強さえすれば大学に行けるというのであれば、努力を惜しまず大学を目指すべきだと思います。

ここがひとつのふんばりどころ。

なんとなく怠けて、チカラがあるのに出し切らずに大学をあきらめた場合、6600万円の格差が待っているのです!