短大と4年制 大学にかかる費用の違い

4年制の大学に通わせるのは、莫大な費用がかかって荷が重い。
せめて短大にでも・・・・
なんて考える親御さんも多いかもしれません。

短大ならどの程度家計は楽になるでしょうか?

入学金は学校によっても学部によっても違いがあります。
短大も入学金はかかります。(4年制大学とほとんど変わりありません。)

入学金は大体20〜30万円が一般的で、30万円前後が主流です。

授業料のほうも、普通科の場合はほとんど4年制大学と変わりがありません。

当然ながら、公立と私立では、その授業料には大きな差があり、公立の短大では年間の授業料が50万円程度なのに対して、私立の場合だと年間70万円以上となります。

さらに授業料が高いのが、音楽大学や芸術大学。または音楽学科や芸術学科。

年間で最低でも100万円以上かかり、150万円程度掛かる短大もあります。

短大だからといって油断はできません。
用品代も別途かかりますから上乗せぶんもかなりの金額になります。

私立なら、短大でも施設設備費として20万円程度の寄付金が必要になります。
払わないとなんとなく肩身が狭いというか、居づらい思いをします。
いやな慣習ですね。


通学の交通費や昼食代、サークル活動や部活の費用など、学費以外にかかる費用も馬鹿になりません。

短大にすれば費用が半分になりわけではないのです。

関連記事

  1. 受験の家庭内学習のコツとは?